【速報!】隔離措置条件付きで香港入境可能に!/コロナ状況について

日付: 16 May 2022
詳細:

香港特別行政区政府は観光客やビジネスマンなどの非香港居民の入境を5月1日から認めると発表しました。
ただし、香港居民に対して現在実施している政府指定ホテルでの最短1週間の強制隔離、
抗原検査など、入境には香港居民と同じ条件が義務付けられます。

 

対象国・地域 中国・マカオ・台湾以外のすべての国・地域
適応対象者 搭乗・到着前の14日間に中国・マカオ・台湾以外に居住または滞在し、ワクチン完全接種済の証明書
持つ香港居民・非香港居民
搭乗の条件
(航空会社提示) 

下記書類は、英文または中国語の表記のものに限ります。

  1. ワクチン接種記録(市区町村などで発行)
  2. 香港行き航空便の出発予定時刻から48時間以内に受けたPCR検査陰性証明書
  3. 上記PCR検査機関がISO15189の認定を受けている、または政府や行政機関の認定医療機関であること
    証明する書類                        


     ・ISO15189認定機関の場合
     下記サイトの機関名をクリック、 ページ内「認定証」イメージで英文を選ぶとサンプルをご確認
     いただけます。

        https://www.jab.or.jp/system/service/medicallaboratories/accreditation/                       

      ・TeCOT (海外渡航者新型コロナウイルス検査センター)登録機関の場合
          英文のTeCOT 登録機関リスト(英文)該当ページを印字またはデジタル表示
     
        注)上記2.で発行されたPCR陰性証明書機関名と、上記3.のどちらかのリストにある機関名の
      証明書類は同一機関名の必要があり、間違っている場合は無効(取り直しなど)になります。

           誤った記載例 : 認定証上或いはTeCOT list にある機関名       「Yamada Clinic」
                      陰性証明書記載の機関名が「Yamada kurinikku」、「Yamada Hospital」ではX
  4. 指定検疫ホテルにおける7泊分、または14泊分の予約確認書
  5. 出発前48時間以内の健康申告票
検疫方法と
隔離解除の条件
  • 香港空港到着後、PCR検査、左記の待機時間に抗原検査も行う
  • 指定検疫ホテルで7日間の強制検疫(隔離)
  • 強制検疫期間中は毎日、迅速抗原検査(通称RAT検査)を行い、5日目にPCR検査。最終的に5日目
    PRC検査と、7日目までの抗原検査が全て陰性の場合、強制検疫を終えることが可能)
  • 強制検査後に7日間の自主観察
  • 12 日目の検査は地区検査センター等で実施

キャセイパシフィック航空は、搭乗前(48時間から12時間前まで)の書類確認サービス、Fly Ready(英語)で行っています。

※詳細は右記サイトにも掲載されています。(英文)https://www.info.gov.hk/gia/general/202204/22/P2022042200621.htm

 

なお、香港のコロナ状況については、下記をご覧ください。

 新型コロナウイルス(COVID-19)香港最新データ

5月10日(火)1日の香港の新規感染者数は273名と発表されました。

(累計感染者数:1,207,091名)最新状況は右記でご確認ください。  https://www.coronavirus.gov.hk

 

  • 香港域内防疫措置の緩和

香港特別行政区政府は、新規感染者数の減少に伴い、4月21日(木)より香港域内の規制緩和を始め、5月5日より第2段階に移りました。さらに、5月19日からは以下の防疫措置緩和が予定されています。

 

   5月5日-18日 5月19日-6月1日
店内飲食の際、 1卓の利用人数上限 8名 8名
店内飲食時間 22時まで 23時59分まで
宴会開催時の人数制限 20名以下 120名以下
公共の場での集団規制 4名まで 4名まで
公共の場でのマスク着用義務

公共の場ではマスク着用義務。
但し、屋外エリア、屋外公共施設で激しい
運動を
するとき、屋外スポーツ施設で
運動するときは、 マスクを着用しなく
てもよい。

公共の場ではマスク着用義務。
但し、屋内スポーツ施設や、空気の入れ
替えが義務づけられている フィットネス
センターでは、運動する際にマスクを
着用しなくてもよい。

 

  • 営業再開: 
4月21日から 5月5日から 5月19日から
香港内団体ツアー、テーマパーク
や映画館、博物館・美術館などの
娯楽施設、イベント会場、
スポーツ施設、美容院、エステ、
ネイルサロン、マッサージ店、
ゲームセンター、宗教施設

プール、公認ビーチ、政府系の
ウォータースポーツセンターと
公共プール、カントリーパーク

パーティールーム、クラブやナイト
クラブ、カラオケ店、麻雀店、
クルーズ船、浴場。
尚、バー・パブは午前5時から
翌日の午前1時59分まで、1テーブル
4名、通常収容人数の75%までの
条件付での再開

 

 注)人数制限、ワクチンパスやスマートフォンアプリの使用など、様々な条件が設定されています。詳細は下記にてご覧ください。

https://www.info.gov.hk/gia/general/202204/14/P2022041400773.htm

https://www.hk.emb-japan.go.jp/files/100305954.pdf

 

  • 香港ツーリストライブマップ

新型コロナウイルスの影響やメインテナンスなどによる運休や営業時間の変更等の最新の情報は下記サイトにてご確認いただけます。 https://www.hktouristmap.com/

注: 4月30日までは、日本から香港に入境可能な対象者は以下のとおり。

ワクチン完全接種者である香港居民(香港ID所持者又は長期滞在ビザ等の有効 なビザを持つ者)

(注)  ワクチン完全接種者とは、定められた回数のワクチンを終え、かつ最終接種日から14日間以上経過した者を指す。

https://www.hk.emb-japan.go.jp/itpr_ja/entry_procedures.html#hk

香港域外でワクチン接種をした場合に認められるワクチンは下記リストを参照。

https://www.coronavirus.gov.hk/pdf/list_of_recognised_covid19_vaccines.pdf

 

  • 日本国外務省 日本から香港へ渡航する際の規制

危険情報 レベル1 (十分注意)

感染症危険情報 レベル2(不要不急の渡航中止)

https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_016.html#ad-image-0